婚約指輪セレクトで一生思い出に残るプレゼントにするコツ

夫婦

いろんな種類がある

夫婦

婚約指輪では宝石を贅沢に使うデザインが一般的です。名古屋で購入できる婚約指輪にも実にいろんなものがあるので知っておくと良いです。ダイヤのカットにもより美しさを際立たせるための方法があるので、それを知っていれば一段階違う贈り物ができるようになります。宝石とデザインは密接に関係しています。婚約指輪のデザインは何種類かありますが、それは全て宝石の散りばめ方を表したものなのです。指輪の形式といえば以下の通りのものがあります。

まずはソリティアというデザイン。これは「ザ・婚約指輪」といったようなもので、名古屋でも一番人気があるタイプのデザインになっています。ソリティアに関してはたて爪、ひとつ石という基本的な形式で作られている指輪で、最も飽きが来ないタイプの指輪となります。横からみると宝石がたて爪に掴まれていることがすぐに分かりますし、一目見てすぐに婚約指輪と分かります。これはサプライズで指輪を贈る人に合っている指輪であるといえ、名古屋でもこのため多くの男性に人気があります。ダイヤモンドが大きければ大きいほど見栄えが良くなるので予算に余裕がある人向けです。普段使いはしづらいですが、婚約指輪はもともと結婚指輪のように日常的にはめる指輪でもないのでこのデザインでも良いといえます。

小粒のダイヤモンドでもメレ付きであれば引き立つデザインにすることができます。小粒なダイヤを散りばめることになるので個性的なデザインになりやすいのも特徴です。世界で一つの婚約指輪を作りたいなら名古屋のお店にメレ付きで注文してみると良いです。

エタニティリングという婚約指輪はダイヤモンドの大きさと数に意味があります。同じ大きさの宝石が並んでいるということから、永遠性を意味する指輪ということになりました。それが名前の由来ともなっており、婚約指輪としてはぴったりの形式です。